よがてるよの「天地満開」

blog by Teruyo
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
PROFILE
  • enishi 2010 spring and summer catalog
  • エニシ オンラインストア
 
「エコ」か「エゴ」か
みなさん、

「風力発電」

と聞くと、とても環境によく、エコロジーな発電のイメージをお持ちではないでしょうか?
私も、つい1年前くらいはそう思っていました。


ある時、ある記事を読んで、
初めて風力発電のイメージを覆させられました。

風力発電で使われる風車から発生する騒音、低周波による被害が、
今、日本全国であるとのこと。

近隣に住む方々は、
よく眠れない、イライラする、血圧が上がる、
頭痛、鼻血、胸の圧迫感、息苦しい、
めまい、吐き気、耳の痛み、ふさがり感、耳鳴り。。。
などの被害を多くの方が受けているそうです。


そして、私が住む千葉県鴨川市のおとなり、
南房総市千倉町に、巨大な「風力発電所」が建設される計画が今進行しています。





実はこの風力発電所、市や国の公共事業ではなく、
民間事業なので、町や市に売電収入は1円も入らないのに、
その民間企業に対して、国から補助金がおりるそうです。

そして、発電機(風車)の寿命は15-18年で、
使えなくなった風車の後始末は考えられていないとのこと。
また、全国で騒音に苦しむ被害者がいますが、
法規制がないため、被害者は救済されないままになっているそうです。

風車を建設するために地域の森林が広範囲によって伐採され、
尾根が削り取られ、土砂の流出なども起こります。
基礎や道路工事で、地下水脈にもダメージを与える恐れが。


一体、これのどこがエコロジーなんでしょうか?
「エコ」ではなく、
「エゴ」でしかないように感じます。

そして、今日本にある発電所で十分以上に日本全国の電気をまかなえているのに、
これ以上、自然を破壊してまでこの風力発電所を建てる意味があるのでしょうか?


六ヶ所村の再処理工場とか、この千倉の風力発電所にしても、
すべてはこうした田舎で密やかに計画が進められ、
地区の一部の住民に簡単な説明をするだけで、
影響の恐れがある周辺住民に対して、詳しい建設計画や環境への影響、
健康被害の実態などについての説明はなされず、
気がついたときには、もうほぼ工事を始めてしまう段階まできてしまっているのです。

そして土地や、海や、森などの大自然がお金によって買われて破壊され、
取り返しのつかない状態になってしまう。
そしてじわじわと、周辺に住む住人の方々が被害を受けてしまう。。。

そして、この電気の恩恵を受けるのは、
その多くが、そこの住人ではなく、都会と都会に住む人々。


本当にもう、こんなことやめてもらいたいです。



「エコ」という名の「エゴ」ビジネス。
最近、こうしたことが本当に多いように感じます。
いかに電力を維持するかではなく、
いかに電力を使わない方向で、持続可能なライフスタイルに変えていくか。
それこそ、今私たちには必要なのではないでしょうか。


お時間ある方は、
ぜひ詳しく以下のサイトを見てみてください。
そして、反対署名にご協力いただけるとありがたいです。

http://chikurawind.web.fc2.com


よろしくお願いします!


om shanti









コメント
from: モンゴルゆきこ   2009/07/16 9:30 PM
へー、風力発電の被害、私もACTIOの記事で読んだことあるけど、この民間の事業で、しかも国からの補助金があるのに、地域に還元されないどころか、大迷惑になってることがあるなんて、知らなかったよーーー!
エコが「流行る」っていうぐらい広まっているけど、本来の意味から反れて、っていうか、それをねじ曲げてエゴを正当化しようとしてるなんて。実際、その周囲の人は、エコな雰囲気だけ感じて、ねじ曲げようとしてる人の本当の姿を把握出来ずに、「いいね、それ」とかで、合意しちゃったりするんだろうね。
そんなことこそが世界の全ての大問題の根源だったりするよね。
コワイコワイ。
判断力を養うって、大切だね。伝えてくれて、ありがとう。
テルちゃんの気付きとアクションが、より多くの人に伝わりますように。
from: Sato4   2009/07/18 10:21 AM
一瞬、100s(中村一義)の曲名かと思いました。

考えさせられます。
from: teruyo   2009/07/18 11:42 AM
モンゴルゆきこさん、
コメントありがとう!へー、って感じだよね。みんな知らないよねこんなこと。そんな仕組みになってるなんて!!って感じ。流行りの「エコエゴ」ですね。ほんと、ものごとはほんと真髄をみないとわからないものですね。判断力が大切だね、ほんとに。

Sato4
中村一義、って、誰ですか!?
そんな曲があるんだね。。
from:   2009/07/18 12:47 PM
先日、ドイツでたくさんの風力発電用の風車を見てきましたが、全て民家があまり無い平地に立っていた気がします。ヨーロッパの地形には、向いているんでしょうね。日本には、あまり必要なさそうですね。色々な意見があると思いますが、反対運動とか、何年か前までは、僕も沢山していましたが、そういうことをしてるだけで、満足するのとか、も必要なさそうですね。批評的なこと自体が必要ないでしょう。被害を受けてる本人の問題やし、直接、助けを求めてきたら、助けてやりたいですけど。インドやアフリカや貧しい国にいる飢えた子供たちを全員救う事は出来ないのと同じレベルの意味です。
それこそが、自然に従う事、自然のパワーを大切にするという事では、ないかと思います。勿論、木や海は、大切にするべきでしょう。自然体であるという事が、最も自然に敬意を払うことになるんじゃないかなぁと思います。(リシケシのスワミATOMOからもらった言葉より引用ですが、これ実践してますが、最高のサーダナになってます。)
from: teruyo   2009/07/24 1:12 AM
コメントありがとうございます。

私も反対運動前にもやっていましたが、全ては自然の流れによってこうした現実が起きているし、いいも悪いも本当はないのかもしれません。自分自身が自然体でいることが、最も自然に敬意を払うことになるというのは、本当にその通りだと思います。

でも、今回に関しては、実際に、友人が他の土地で風車の被害を泣き寝入りしてこの南房総の土地へ引越てきたのに、また同じ問題が起きようとしてしまっていること、また、実際に工事に関わった人とお話しして、本当に自然破壊をしているし、莫大なお金が動いているし、本当に必要ないと思った、もうその工事には関わりたくない、などという生の意見を聞き、そして、実際に自分も被害者になりうる状況で、自分ができることをしようと思いました。

自分が自然体になった上で、本当に必要のないものだからこそ、必要ないと言いたいために、この署名活動に参加しています。

もし、ただ自分の署名とこの事実を一人でも多くの方に知ってもらうことで、その状況がもしかしたらいい方向にいくのではないか、という希望を持ちながら、とりあえず自分ができることをしています。それが私にとってはサーダナの一つだと感じます。

「人事を尽くして天命を待つ」

やるべきことをやった上で、
あとの結果は天に委ねたらいいのかな、と。
karma yogaですね。

コメントする





 

© 2008 e-GLIDE. All Rights Reserved.