よがてるよの「天地満開」

blog by Teruyo
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
PROFILE
  • enishi 2010 spring and summer catalog
  • エニシ オンラインストア
 
四国旅日記☆1
四国旅から帰ってきて1週間。
でも、もう1ヶ月くらい前のことのよう。

少しずつ、写真とともにご紹介します。


第1日目。
時間をはずした日。
どこにいくか、全く何も考えていなかったので、
とりあえず電車でお遍路の1番札所「霊山寺」へ。



ここでは、菅笠、杖、白衣、納経帳、地図などなど、お遍路グッズが揃えられる。

普通はこの後、2番札所へ向かうところ、
私は、1番札所の奥に、隠されているかのように鎮座している
「大麻比古神社」へ。




赤い鳥居をくぐり、並木道をしばらく歩いた後に神社がある。
着くと、なんかどこかに似てる。。。
あぁ、、安房神社だぁ。。。

そう思いながら、神社の説明を読むと、
ここでお奉りされている神様は、
千葉館山にある安房神社と同じ、天太玉命(あめのふとだまのみこと)だった。

だからか、、、とひとり勝手に納得。




ご神木もすごいパワー。






お参り後、さらにその背後に鎮座している
「大麻山」へ。

しかし、四国には「麻」の着く地名やら山やら、やたら多い。
その昔は麻が群生していたに違いない。

大麻山頂上538mまで1時間半程度のトレッキング。
おそらく10kg少しあっただろうバックパックとともに、
雨の中ひたすら、歩く。

途中でこんな巨大きのこ発見!
地球のものとは思えない。。



石段が多く、結構急で、
1時間半とはいえ、バックパックの重さでかなりキツい。

汗なのか雨なのかわからないくらい、
全身づぶ濡れでも、
ひたすら、歩く。歩く。歩く。

一体私は、なんでこんな想いをしてまで歩いてるのか?
何をしにここに来たのか?
なんでこんなことをしてるのか?

いろんな想いが、浮かんでは消えていく。

コンクリートの道路ができる前は、
こうした山歩きがお遍路だったんだろう。
山を歩くことは、
自分自身と向き合う時間。
空海も、こうして歩いていたのだろうか。。。

もう疲れがある程度達すると、
想念も少しずつ減っていく。
これが集中となり、それが瞑想へとつながる。


ひたすらに一歩一歩に集中して、
ふと上を見上げると、
もう頂上の神社の鳥居の前に来ていた!





<つづく>
コメント
from: enishi   2009/08/08 9:06 PM
続き、気になります。
from: enishi   2009/08/08 9:06 PM
続き、気になります。
from: momotaro   2009/10/24 5:55 AM
波長の法則だね。
ちゃ〜んと呼ばれてますよね。

それにしてもこのご神木。凄いねぇ。
直接触れることは出来なそう?
こんな霊木を見るとすぐ抱きつきます。日中に限りますけどね。夜は駄目です。
コメントする





 

© 2008 e-GLIDE. All Rights Reserved.