よがてるよの「天地満開」

blog by Teruyo
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
PROFILE
  • enishi 2010 spring and summer catalog
  • エニシ オンラインストア
 
四国旅日記☆2
頂上へついて、重たいバックパックから解放。
一息ついてから、神社の前で手を合わせる。





神聖な空気感。

神社の中にも特に何があるわけでもなく、
多分この山自体がご神体なんだろう。


頂上まで登ることが目的ではなく、
ここまできて、そして下りていく道のりで、
この山自体の呼吸を感じることが、
このご神体をお参りすることなのかもしれない。

雨にぬれて緑が潤い、
座って呼吸をしているだけで、
ものすごく癒されていく。

自然のパワーはものすごい。







そして下山。
帰りは楽にひょいひょいと進む。

途中の見晴らしのいい場所に出たときに、
ベンチで休んでいた夫婦に、

「ちょっとここ座って!!」

「コーヒーでもいれるから!」

と、この見ず知らずの私のために、
お湯を湧かし始めた。

どこから来たの?
お遍路なんてえらいわねー。

などなどいろんなお話をしながら、
疲れた体に染み渡る、みずみずしい桃やお茶菓子をいただいた。

あぁぁぁ、美味しいぃぃぃ。。。

ちょうど小腹も空いて喉も乾いていたという、
サイコーのタイミングでのご褒美。
本当にありがたかったです。。

お二人は山歩き好きのご夫婦で、
剣山のことや室戸岬のこと、いろいろ教えていただきました。
本当に温かいお二人に、すっかり感動してしまいました。


ありがとうございました!


そして下山後、
知り合いの友人で、善根宿(お遍路さんのお接待として安く提供している宿のこと)の
「不二一元アシュラム」をやっている将ちゃんが迎えに来てくれることに。

ヨガとサーフィン、ですっかり意気投合し、
居心地よくて結局2泊もすることに。。。


いい出逢いをさせていただきました。
本当に、出逢えた方々に心から感謝しています。


ありがとう☆


そして夜の祭りへ。。。




<つづく>

コメント
from: momotaro   2009/10/24 6:09 AM
愛別離苦。ですね。
出会ったご夫妻とは、生涯再び会うことは無いかもしれないけれど、そういうシチュエーションで出会っちゃうんですよね。普段の日常で出会えれば、再び会う機会もあろうけど。これぞまさに旅の一期一会・・・

夏の京都、(僕は千葉から)今年で3年目でした。10日ほど滞在しますが、毎年、必ず銭湯で会う旦那が居ます。
お互いに「ピ〜ン」と来るんですね。
旅の途中でいつも不思議な出会いを実感します。
コメントする





 

© 2008 e-GLIDE. All Rights Reserved.